中高生向け、ARでスポーツイベントを盛り上げる『スポーツハッカソン』が 8月7日(火)開催

0 614

フューチャーイノベーションフォーラム(以下FIF)は、8月7日(火)にフューチャーアーキテクト株式会社にて、中学・高校生を対象に、最新テクノロジー「AR(Augmented Reality:拡張現実)」を使って、スポーツイベントを盛り上げるアイデアを考え、実装する『スポーツハッカソン』を開催する。

また、FIF公式サイトにて参加者の募集を開始した。

企業と連携して社会貢献活動を行うFIFは、ITを使って社会をデザインするイノベーティブな人材の育成を目指し、2006年の設立当初から、子どもたちを対象にしたプログラミング教室などを実施。

2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化され、IT教育への関心が高まる中、昨年夏には最新技術を活用してスポーツイベントを盛り上げるサービスや課題を解決するアイデアを考える『スポーツアイデアソン』を開催した。

さらに今年はARプログラミングを学び、考えたアイデアのプロトタイプを作成して発表する『スポーツハッカソン』へとバージョンアップして実施する。

審査員にはプロフィギュアスケーターの安藤美姫氏、パラアイスホッケー日本代表の上原大祐氏ほか、スポーツやIT教育の専門家を迎え、それぞれの視点から審査。

表彰後は審査員とのトークセッションの時間も設け、中高生が学びを深める場を提供するとのこと。

概要
日時:2018年8月7日(火)10:00~17:00
会場:フューチャーアーキテクト株式会社(東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark 9F)
対象:中学3年生~高校3年生 24名  ※応募者多数の場合は抽選となります。
応募期間:2018年6月14日(木)~7月18日(水)
応募方法:FIF公式サイト(https://fif.jp/)の申込専用ページから申し込み。

スポーツハッカソン2018|フューチャー イノベーション フォーラム FIF

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません