フランス対オーストラリア戦でテクノロジーが効果を発揮!W杯初のVAR判定も!

0 94

6月16日に行われた、サッカーW杯ロシア大会グループC、フランス対オーストラリアの一戦で、テクノロジーの最新技術が光った。

後半9分、FWのアントワーヌ・グリズマンがスルーパスを受けてペナルティエリア内に走り込む際、足を引っ掛けられて倒される場面があった。

ここで主審はホイッスルを鳴らさなかったが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による映像確認の結果、PKの判定が宣告されたのだ。

VARとは、映像による審判補助システムのこと。

国際サッカー連盟FIFAが3月にコロンビアのボゴタで開いた理事会において、W杯ロシア大会で導入を決めたもので、昨年のコンフェデレーションズ杯などでも試験的に運用されていた。

関連記事
サッカーW杯でビデオ判定「VAR」を導入することが決定

PKが与えられたフランスはグリズマン自らが決め、先制。W杯史上初、VARが使用されての得点となった。

フランスは後半17分にオーストラリアに追いつかれたものの、後半36分にまたもテクノロジーによって得点が決まる場面が。

MFポール・ポグバがゴール正面でパスを受けて放った浮き玉のシュートは、クロスバーに当たってゴールネットを揺らさなかったが、ゴールラインテクノロジーによってゴールが認められた。

ゴールラインテクノロジーは、前回ブラジルW杯から導入されたシステム。7台のカメラとコンピュータ解析によってボールがゴールラインを割ったかを判断し、ゴールラインを割っていれば、主審の手にはめられた端末が振動して”GOAL”と表示される。

試合はそのままフランスがオーストラリアを2対1で破った。

今回の試合では、VARとゴールラインテクノロジーという最新技術によって、際どいプレーの判定がフランスにとって良い結果をもたらすことになった。

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.