【イースタン・リーグ】日本ハム対ジャイアンツを一部地域の「J:COMチャンネル」で生中継

0 119

土浦ケーブルテレビ株式会社を中心としたJ:COMグループ15社は、2018年6月24日(日)、J:COMスタジアム土浦(川口運動公園野球場)で開催される、プロ野球イースタン・リーグ公式戦「北海道日本ハムファイターズ」vs「読売ジャイアンツ」の試合を「J:COMチャンネル」(地上デジタル11ch)で生中継する。

この試合は、「北海道日本ハムファイターズ」と茨城県西南地域において筑波大学発のベンチャー株式会社Waisportsジャパンおよび筑波大学リサーチユニット「スポーツ環境デザイン」が共同で行っている、産学官民連携によるスポーツを通じたエリアマネジメントプロジェクト(「北海道×茨城県プロジェクト」)の一環として開催するもので、今年で2年目。

試合当日は、各種イベントや飲食ブースなど、試合観戦以外にも楽しめるさまざまな企画が予定されている。

会場となるJ:COMスタジアム土浦は、土浦ケーブルテレビ株式会社が2017年4月にネーミングライツ(施設命名権)を取得し、少年野球や高校野球の地方大会など、数多くの試合が開催されていることから、同試合をJ:COMのコミュニティチャンネルで放送する運びとなった。

実況は、自身も甲子園にエースとして出場しベスト4、CSスポーツチャンネル「GAORA」でも実況実績のある俳優・伊藤毅さん、解説に芝草宇宙さん(野球解説者、元北海道日本ハムファイターズ)が登場。

試合が開催される茨城県、対戦チームの本拠地である札幌市、東京都、さらに「北海道日本ハムファイターズ」のファーム(二軍)の本拠地である千葉県のJ:COMサービスエリア、約513万世帯で視聴が可能だ。

概要
試合:ファーム公式戦イースタン・リーグ【北海道日本ハムファイターズ VS 読売ジャイアンツ】
放送日時:2018年6月24日(日)12:55~16:00
視聴可能エリア:茨城県、千葉県、東京都、札幌市・北広島市(一部)のJ:COMサービスエリア

プロ野球イースタン・リーグ公式戦「北海道日本ハムファイターズ」vs「読売ジャイアンツ」を茨城、千葉、東京、札幌の「J:COMチャンネル」で生中継

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.