富士通、産業活性化や新ビジネス創出を図る「スポーツデータみらいデザインラボ」開始

0 448

富士通は、神奈川県横浜市と慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科とともに、スポーツに関するデータの利用価値向上による産業活性化を目指す「スポーツデータみらいデザインラボ」プロジェクトを、2018年6月28日から2021年3月まで行う。

本プロジェクトは、IoT・ビッグデータ・AIを活用し、産業利活用や新ビジネス創出を推進する、横浜市が2017年に立ち上げた取り組み「I・TOP横浜」のスポーツ分野における実践になる。

「スポーツデータみらいデザインラボ」では、横浜市の学生や市民のスポーツ体験によって生み出されるスポーツデータについて、スポーツに関わる横浜市の企業・団体とのセミナーや対話を通じて利活用に向けた具体的なアイデアを創出し、継続的に実証していくとのこと。

これにより、スポーツデータを効果的に活用し、怪我の予防や、トレーニング手法の構築、スポーツ観戦機会の向上、企業・団体のコラボレーションによる新たな事業創出などを目指す。

富士通は、これまで培ってきたアイデア創出のノウハウ提供や、映像データや測位データなどのスポーツデータの収集、AI技術を活用したスポーツの映像データ解析により、本プロジェクトに貢献していくとのこと。

スポーツデータを活用し、スポーツをより身近に楽しむ「スポーツデータみらいデザインラボ」を横浜市、慶應義塾大学とともに開始 : 富士通

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.