マラソン2時間切りのために開発されたシューズ「adiZERO SUB2」

0 506

フルマラソンで2時間を切る、いわゆるサブ2の壁は高く、2018年2月26日現在でのフルマラソン世界記録は、2014年のベルリンマラソンでケニアのデニス・キプルト・キメット選手が達成した2時間2分57秒である。

マラソンで高記録を残すためには、もちろん選手の実力が大半を占めているかもしれないが、少なからずシューズの影響もある。

昔よりも選手の記録が伸びている背景には、シューズづくりにおける優れた技術やテクノロジーの進化があるのだ。

そして、まだ誰も成し得ていないフルマラソン2時間切りを目標としている選手たちのために、アディダスが「adiZERO SUB2」を開発した。

シューズ名にもSUB2(サブ2)がしっかり入っている。

adiZERO SUB2

軽量かつ通気性に優れたエアメッシュの単一層アッパーは、さらに進化したマイクロフィットラストを採用することで、優れたフィット感と快適さをもたらす。

ミッドソールには、クッション性と反発力に優れたBOOSTフォーム史上、最も軽量化された新素材「BOOST Light」を使用し、ランニングパフォーマンスの向上に大きく貢献している。

そして、アウトソールには、ストレッチウェブアウトソールをさらに改良したマイクロウェブアウトソールを採用。天候が悪いときなど、レースの条件に関わらず、グリップ力が働いて、スリップが軽減される。

今後、もしかしたら「adiZERO SUB2」を履いた選手が、2時間切りを達成する日が来るかもしれない。

なお、「adiZERO SUB2」は、2月25日(日)18:00から、アディダスオンラインショップ、全国のアディダス直営店、SteP SPORTSなどで先行予約をスタート。3月16日(金)より、アディダス オンラインショップ、全国のアディダス直営店、SteP SPORTS、その他のアディダス取扱店にて発売予定だ。

adizero(アディゼロ) | 【公式】アディダスオンラインショップ

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません