RAIDEN RACING、中国リーグ『X-FLY』2018年シーズン参戦を正式に決定

0 99

DRONE SPORTS株式会社が運営する、日本初となるプロフェッショナルドローンレーシングチーム『RAIDEN RACING』は、Shanghai Gespeed Electronic Technology Co.、Ltd.が運営する、中国プロフェッショナルドローンリーグ『X-FLY』への参戦を決定した。

2017年、中国上海で立ち上がったドローンレースプロジェクト『X-FLY』同年5月には国際ドローンレースを開催し、大きな注目を浴びた。

2018年3月、満を辞して『X-FLY』はプロフェッショナルドローンレースリーグ構想を発表。

『X-FLY』プロフェッショナルドローンレースリーグは、中国を象徴とする場所で年5大会を予定しており、各大会で獲得したチームポイントで2018シリーズの王者を決定する。

『X-FLY』で使用するドローンレース機は、事前にリーグから、1チーム12台のドローンレース機体用パーツ(フレーム・モーター・ESC・フライトコントローラーなどその他)が支給される。

各チームはレースまでに機体製作を行い、飛行できるように調整をする。

レース中のクラッシュなどでドローンが壊れた場合、現地でパーツを受け取り即座に修理をする必要がある。

チーム戦では、ドローンレーサーの飛行技術はもちろんの事、レーサーをサポートするチームのエンジニアリング力も勝敗を分ける、非常に重要なポイントとなってくる。

RAIDEN RACING、中国プロフェッショナルドローンレースリーグ『X-FLY』2018年シーズン参戦を正式に決定!世界遺産『万里の長城』を舞台にいよいよリーグ開幕!

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.