30代40代女性に人気!細胞から美しくなるエクササイズ「ハイアルチ」

0 184

株式会社エイムは東海地方で初めて、一般のフィットネスクラブに、頑張らなくてもいい、細胞から美しくなるエクササイズ「ハイアルチ」をオープンした。

この施設では、空間をまるごと、2,500m級の高地と同程度の酸素濃度にした環境で、運動できる。

「ハイアルチ」は、空間をまるごと高地環境にした状態でエクササイズが可能。

高地状態での運動は、ミトコンドリアが活性化することで、脂肪が燃焼し、痩せやすい体へと変わっていくという。

また効率よく酸素を取り込めるようになることで、乳酸の増加を抑制するため、疲れにくい体づくりができる。

ハイアルチ」は、週1回、たった30分歩くだけで、効果がある。

高地環境下では、頑張っている自覚症状がないのに、血中酸素濃度が下がるので、気づかないうちに細胞に負荷がかかっている。

ハイアルチで行う30分は通常の2時間分の運動に匹敵するといい、時間がとりにくい方でも、続けやすい。

ところが、従来の高地トレーニングでは、高地に滞在する費用や時間がかかるため、アスリートなどの限られた人しか利用できなかった。

そこで、エイムが運営するフィットネスクラブ「エイムスクエアゲート(愛知県名古屋市瑞穂区)」では、High Altitude Managementと提携し、空間をまるごと常圧低酸素環境にした高地トレーニング専門スタジオ「ハイアルチ」をオープンすることとなった。

ハイアルチはこれまでに、都内で計3施設が運営されており、エイムスクエアゲートが全国4番目、東海地方初となる。

平地の低酸素トレーニング施設には、低圧と常圧の2種類があり、低圧では、耳の鼓膜の内外の気圧差で耳がツーンとする、高山病になりやすい、血流が増しやすいなど、より身体への負担がかかる問題がある。

ハイアルチは常圧の施設のため、これらの問題は無くなるか軽減されるとのこと。

ハイアルチでは室内の酸素濃度と、利用者の動脈血酸素飽和濃度を測定し、利用者にごとに最適な運動強度をアドバイスをする。

東海地方初の「ハイアルチ」がスタートして約1か月。体への効果が表れるのは、1か月半くらいからだというが、利用者からは、早くも次のような声があがっているとのこと。

  • 運動したその日は、とにかくぐっすり眠れる。
  • いつもプールで泳いでいるが、呼吸が明らかに楽になった。
  • 運動後はいつもよりお腹がすいて、食事がおいしい。
  • これまでほかの運動でほとんど汗が出なかったのに、発汗量がすごい。室内があんなに涼しいのに。
  • 筋トレ後の筋肉痛がなくなった、または和らいだ。
  • 頭がすっきりする。視界が開けた感じがする。

30代、40代の女性に人気! つらくない、週1回たった30分の、細胞から美しくなるエクササイズが登場。

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.