esports大会「PAC-CUP2018」開催

0 204

株式会社PACkageが開催中のレインボーシックスシージ全国大会「PAC-CUP2018」の決勝戦が8月18日、OCA大阪デザイン&IT専門学校で開催。

PC版決勝では大阪を拠点にするCYCLOPS athlete gamingと同ゲームタイトルの世界大会をカナダで戦ったeiNsが戦う。

また、PS4版決勝ではUnder DogとSiegが対決する。

PAC-CUP2018は大人気シューティングゲーム、レインボーシックスシージを採用した国内有数の大規模esports大会。賞金総額は40万円。

今年4月に開幕、3ヶ月の予選リーグ、1ヶ月の決勝トーナメントが開催されていた。

2018年8月18日(土)の決勝オフライン大会では、この予選リーグと決勝トーナメントを勝ち上がったそれぞれ4チームが登場する。

PC版では国内プロリーグを戦うプロチームや新規プロチームが続々とデビュー戦として参戦し、注目を集めた。

PC版の決勝オフライン大会は参加した141チームから勝ち上がった2チームが参加。

ウィナーズ側からはカナダで開催された世界大会でも活躍を見せた「eiNs」、ルーザーズ側からは決勝会場である大阪に活動拠点を置く「CYCLOPS athlete gaming」が対決する。

PS4版の決勝オフライン大会も同じく参加した109チームから勝ち上がったチームが参加。

ウィナーズ側からは今回初のオフライン大会出場を果たした「Under Dog」、ルーザーズ側からは様々なオフライン大会、全国大会で成績を残す「Sieg」が出場し、対決する。

また、実況解説には同タイトル国内外で活躍するプロチーム「野良連合」のストリーマー「ミシェル」と国内プロリーグで活躍するプロチーム「PNG」の選手「Hikaru」が務める。

大規模esports大会「PAC-CUP2018」開催のお知らせ

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.