eスポーツ国際大会「SEOULCUP OSM SUPERMATCH」をJ:COMが生中継

0 198

株式会社ジュピターテレコムは、韓国のeスポーツ専門テレビ局OGN(On Game Net)が主催し、8月25日~26日に韓国のソウルで開催されるeスポーツ国際大会【SEOULCUP OSM OGN SUPERMATCH】の模様を、8月26日(日)13時よりJ:COMのコミュニティチャンネル「J:COMテレビ」(「J:テレ」)で生中継。

近年日本国内でも盛り上がりを見せるeスポーツ。この国際大会の模様を、「J:テレ」で放送することは初の試みである。

eスポーツの海外市場規模は700.9億円、視聴者数は3億3500万人(ともに2017年)と言われており、2018年にはその市場規模38.2%、視聴者数は13.8%に成長すると予想されている。

一方、2017年の日本国内の市場規模は5億円未満、視聴者数も158万人に留まるものの、関心も高まりつつあり、今後の市場拡大に大きな期待が寄せられている。

今回「J:テレ」で放送する【SEOULCUP OSM OGN SUPERMATCH】は、eスポーツ先進国である韓国において、同国最大級のエンターテインメントメディア企業の一つであるCJ E&M傘下のeスポーツ専門テレビ局OGNが主催する最高峰の国際大会だ。

日本を含む、韓国・中国・タイから合計20チームが参加し、プロゲーマーの最高レベルの技が繰り広げられるOGNを代表する人気のイベント。

OGNは、世界初のゲーム放送局として2000年に誕生、これまで17年にわたり、大会、野外イベント、オンライン放送などを通してeスポーツを先導してきた草分け的なチャンネル。

スポーツ団体やエンターテインメント企業がeスポーツに参入し、2019年茨城国体にあわせて「都道府県対抗eスポーツ大会」の開催が決定するなど、日本でもeスポーツへの機運が盛り上がり、ファンやプレイヤーも増加する中、J:COMでは世界最高峰の国際大会の模様をお届けするべく、「J:テレ」での生中継を決定したという。

大会で競われるゲームはPUBG(バトルロイヤル型生き残りシューティングゲーム)であり、最大100名のプレイヤーが最後の一人になるまで生き残りをかけて戦う人気ゲーム。

2017年にオープンした世界初のPUBG専用スタジアム(facebook gaming arena)を舞台に熱戦が繰り広げられる。

「J:テレ」では、大会2日目の模様をゲーム開始から終了まで5時間にわたり生中継する。

大会の実況は、PUBGの公式パートナーのShoboSukeさん、解説には女子大会でNo.1になった実力も兼ね備えたPUBGの人気ストリーマーのNigongoさんと、日本国内最大手プロeスポーツチーム「DetonatioN Gaming」のSUMOMOXqXさんをお迎えし、ゲームの見どころをはじめ、eスポーツの魅力を存分に語っていただく。

また番組では、Twitterで視聴者の方からのメッセージやコメントを募集し、ハッシュタグ「#PUBG_jcom」をつけてツイートしていただいたメッセージやコメントは、番組のなかで紹介させてもらう場合があるとのこと。

eスポーツ国際大会最高峰の「SEOULCUP OSM SUPERMATCH」「J:COM テレビ」で8月26日(日)初の生放送

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.