近未来型EMSトレーニングジム「SIXPAD STATION」が中国、韓国、香港への展開を発表

0 166

株式会社MTGは、身に着けるトレーニング・ギア『SIXPAD(シックスパッド)』ブランドより、新業態となるトレーニング・ジム「SIXPAD STATION 代官山」を2018年7月26日(木)にグランドオープンした。

「SIXPAD STATION」は『SIXPAD』ブランド初の会員制サービスとなる、近未来型EMSトレーニング・ジム。

デジタルトレーニングミラーを通して自身のトレーニングフォームと意識すべき筋肉を確認しながら、EMSと動作を融合させたトレーニングプログラムを行う。

これにより、各個人にあった効率的な全身のトレーニングが可能となった。

「SIXPAD STATION 代官山」のオープンを記念し、8月27日(月)に「SIXPAD STATION PREMIUM RECEPTION」を開催。

イベントでは、韓国・香港・中国にて事業展開することを発表した。

各国のパートナー企業として、中国は太陽昇様、韓国はKOREA TECH様、香港はSHLAB様と連携していくという。

中国展開のパートナーとなる太陽昇様は、総裁の郭様が創業した、医薬品の製造販売、ならびに医療機器の輸入販売を行う医療関連企業で、中国全土で6万5千の医療機関をカバー。

今回がMTGとは初めての取引となるため、調印式を執り行い、郭様は、「MTGの美容と健康を理解する経営方針と技術力への共感しており、『SIXPAD STATION』を将来的には中国で3,000店舗を展開したい。中国の14億人の国民のみなさんが、よりいいサービスを体感できるように注力し、この事業が中国でも大成功できるようにしたい」と意気込みを語った。

また、韓国のKOREA TECH 代表取締役社長 Lee Dongyoel(リ ドンヨル)様は、「SIXPAD STATIONの差別化された優れた技術とマーケティングで韓国でも成功させたい」と「SIXPAD STATION」のグローバル展開に期待を寄せて語った。

近未来型EMSトレーニングジム「SIXPAD STATION」 中国、韓国、香港への展開を発表

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.