デジタル演出でバスケのショー体験を!10月20日の大阪エヴェッサ開幕戦より公開

0 61

デジタル演出でバスケのショー体験を提供する「舞洲エヴェッサパーク チームラボ4Dステージ 2018-19」、10月20日(土)から、おおきにアリーナ舞洲で行われる、Bリーグ(バスケットボール) B.LEAGUE2018-19SEASON大阪エヴェッサ開幕戦より公開。

「舞洲エヴェッサパーク チームラボ4Dステージ」は、チームラボの提供するデジタルコンテンツが、Bリーグ(バスケットボール)の試合観戦体験を拡張すると共に、観客も演出に参加できる、より動的な試合ステージ。

観客は観戦を楽しむだけではなく、演出への参加を通じて、今まで以上に試合を盛り上げることができる。

「舞洲エヴェッサパーク チームラボ4Dステージ 2018-19」では、プロジェクションとムービングライトに加え、トスすると色が変化し、演出に参加できるインタラクティブなボール「チームラボボール」がが登場し、昨年、一昨年にも増して、観客参加型のステージに。

デジタルによる演出に特化した空間で、チームラボボールに触れることで、会場と観客が一体になって、応援することができる。

チームラボボールは、チームラボ4Dステージに投げ込まれた球体をトスすると色が変化する。

その色は、次々に、そのまわりの球体に連続的に呼応し、同じ色に変化させていく。

また、ステージ上にプロジェクションされた映像内の球体にも呼応し、空間全体の色を変える。

球体をトスすることで、その場にいる人なら誰でも、空間演出に参加できる。

トスした瞬間には、その空間の主役となることができ、その瞬間は会場にいる全ての人に共有される。

それは、一方的に演出された空間ではなく、オーディエンス自身の意図や行為が反映される空間である。

試合を観戦するだけのものから、参加するものへと変え、更に試合を盛り上げることができる。

デジタル演出でバスケのショー体験を提供する「舞洲エヴェッサパーク チームラボ4Dステージ 2018-19」10/20(土)~Bリーグ(バスケットボール)大阪エヴェッサ開幕戦より公開。

デジタルとの融合による新しいBリーグ(バスケットボール)のショー体験を提供する 「舞洲エヴェッサパーク チームラボ4Dステージ 2018-19」 10/20(土)~大阪エヴェッサ開幕戦にて公開。 | チームラボ/teamLab

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.