ラグビーの迫力を科学的に表現した「美術館」が登場

0 110

三菱地所株式会社は、「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の開幕1年前に向けてさらに機運を高めるために、「丸の内15丁目PROJECT」の一環として、ラグビーのプレーの裏側に込められた緻密な戦略や戦術をアートを通じて体感いただける「RUGBY ART EXHIBITION」を9月13日(木)から9月20日(木)まで、丸ビル1階マルキューブで開催する。

会場では、「ジャイアントキリング」と称され歴史的な大金星となった「ラグビーワールドカップ2015」の日本対南アフリカのラスト4分間の攻防にフォーカスし、選手たちの走行データやパスの軌跡、選手の密度などを科学的に分析して、1秒単位で連続的に可視化し合計240枚のポスターで表現したアート作品を展示するほか、東京藝術大学の学生やOBがライブペインティングやコンサートを行い、ラグビーをアートや音楽で表現するという。

「RUGBY ART EXHIBITION」(ラグビーアート展)開催概要
【イベント名】「RUGBY ART EXHIBITION」(ラグビーアート展)
【日時】2018年9月13日(木)~9月20日(木)11:00~22:00
【場所】丸ビル1階マルキューブ(東京都千代田区丸の内2-4-1)
【入場料】無料

ラグビーの迫力を科学的に表現した「美術館」が登場!?プレーの裏側にある緻密な戦略や戦術がアート作品に 「RUGBY ART EXHIBITION」開催

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.