アシックスが桜をイメージしたデザインのランニングシューズを発売

0 763

アシックスが春の新商品として、桜をイメージしたデザインのランニングシューズ「SAKURA collection(サクラコレクション)」を発売する。

アッパーや靴底などに桜をイメージしたデザインやカラーが配されており、春の暖かくて陽気な季節に、わくわくした気分で運動を楽しんでもらいたいということで企画された。

シューズはランニングやトレーニング、フィットネスなどに適した3タイプのそれぞれメンズ用・レディース用がある。

3種類のシューズについて簡単に特徴を紹介したいと思う。

RoadHawk FF SP

「RoadHawk FF SP」は縫い目のないメッシュアッパーとクッション性に優れた中敷きを採用している。

また、ミッドソールには、素材に繊維を添加する技術で独自開発したスポンジ材「FlyteFoam(フライトフォーム)」を採用しており、この素材は従来のミッドソール素材「E.V.A.」より約55%も軽いのだそうだ。

クッション性および耐久性も優れており、長距離のランニングでも問題ない。

GEL-NIMBUS 20 SP

「GEL-NIMBUS 20 SP」は、さまざまなレベルのランナー向けのモデル。

名前に入っている「NIMBUS」はラテン語で「雲」の意味を表す言葉で、まるで雲の上で走っているような軽やかで快適な履き心地をもたらすシューズだ。

ミッドソールは2層構造となっており、下層部分には「FlyteFoam」を、上層部分には優れたクッション性と反発性のある素材「SpEVA(スピーバ)」を採用している。

GEL-KENUN SP

「GEL-KENUN SP」は、ランニングだけでなく、普段使いもできる、さまざまな用途に応じて利用できるシューズ。

アッパーはシームレスでフィット性が高く、かかと部分の外周に大型の衝撃緩衝材「GELL」を採用することで、高いクッション性を実現した。

サクラコレクションのこれら3タイプのシューズは2018年3月2日より、アシックス直営店各店、アシックスオンラインストアで順次発売。

ニュースリリース|アシックス

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません