イベント×写真のマッチングプラットフォームによるスポーツ支援の取り組み

0 212

前橋市と株式会社NTTドコモは、2018年9月30日(日)に開催される、まえばし赤城山ヒルクライム大会において、ICTを活用したまちづくりを推進することを目的として「イベント×写真をテーマとしたマッチングプラットフォーム」の実証実験を実施する。

本実証実験は、2018年5月10日(木)に前橋市とドコモで締結した「前橋市におけるICTを活用したまちづくり推進に関する連携協定」の一環として、マラソン・自転車などのスポーツ大会のさらなる活性化による地域創生をめざして行うものだという。

米国では、マラソン大会および自転車競技大会で沿道の人が撮影した写真を競技参加者が購入するいわゆるCtoC売買は、自身の競技時の写真を購入でき、多くの枚数がアップロードされるなどの理由からニーズが高まりつつあり、過去に1,000以上の大会で実施されている。

そこで、日本における様々なニーズや、大会の活性化に資する取り組みとなるかどうかの検証のため、沿道の人が撮影した写真を競技参加者が購入する販売モデルの実証実験を前橋市で行うことが決定した。

沿道の人がカメラやスマートフォンなどで撮影した写真を競技参加者に販売できる「イベント×写真をテーマとしたマッチングプラットフォーム」を提供し、「競技参加者と地域住民・観光客を含む沿道の人との、双方の参加活性化」を実証する。

本実証実験の実施にあたり、ドコモおよび米国現地法人のドコモUSAは、米国企業のFLASHFRAME社と協業し、「イベント×写真をテーマとしたマッチングプラットフォーム」を提供。

FLASHFRAME社は、2014年設立のスタートアップ企業で、米国内ではシカゴのランナーズ協会など数多くの団体、大会で採用された実績がある。

また、ドコモUSAとの協業により、2018年4月にユナイテッド・グアムマラソン2018でも採用されている。

沿道の人は、専用サイト(https://jp.flashframe.io/)から写真を投稿。

プラットフォームでは、提供された画像データを機械学習で高速に処理し、ゼッケン番号やユニフォームの色で分類することが可能だ。

競技参加者はゼッケン番号、ユニフォームの色などで自身の写真を検索できるため、容易に購入することが可能となる。

本実証実験については大会当日までの事前参加制度となり、あらかじめ専用サイト(https://jp.flashframe.io/register/)から口座登録などの事前登録が完了した方のみが、当日撮影した写真のアップロードおよび販売を行うことができる。

沿道の人には、アップロードした写真のうち、競技参加者に購入された写真の販売価格の50%がレベニューシェアとして支払われる。

「イベント×写真をテーマとしたマッチングプラットフォーム」の提供によるスポーツ支援の取り組みを開始

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.