電子トレカ売買サービス「whooop!」が12チームのトレカを販売開始

0 174

株式会社ventusは、スポーツチームやアスリートがファンから資金調達できる「電子トレカ」売買サービス「whooop!」を10/10に本リリースした。

whooop!は、スポーツチームやアスリートがオンライン上でトレーディングカードを発行し、それをファンが購入、コレクションするサービス。

ファンは、カードの購入を通して、愛するチームを支援できるとともに、カードコレクションにより特別な特典を獲得することができる。

国内7種目12チームのトレカを販売開始し、2018年末には有名プロチームを含め、国内・国外50チーム以上への展開を予定しているという。

whooop!に登場するスポーツチーム/団体(順不同)
●琉球アスティーダ(卓球/Tリーグ)
●東京武蔵野シティFC(サッカー/JFL)
●コバルトーレ女川(サッカー/JFL)
●鈴鹿アンリミテッド(サッカー/東海リーグ1部)
●筑波大学蹴球部(サッカー/大学サッカー)
●宇都宮ブリッツェン(サイクルロードレース)
●那須ブラーゼン(サイクルロードレース)
●キナンサイクリング(サイクルロードレース)
●ヴィクトワール広島(サイクルロードレース)
●名古屋OJA(e-sports)
●CYCLOPS athlete gaming(e-sports)
●広島ドラゴンフライズ(バスケ/B2)
●TOKYO DIME(バスケ3×3)
●スタープラチナ(女子ゴルファーサポートチーム)
●埼玉アストライア(女子プロ野球)

whooop! | カードでチームの一員に

「電子トレカ」でスポーツチームとファンを繋ぐwhooop! が、Tリーグ・琉球など12チームに本格展開。年末には国内外50チーム以上と連携!

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.