ゴルフ練習場「青梅リバーサイドパーク」をIoT化してキャッシュレスを導入

0 144

IoT企画・開発の株式会社バニーホップは、都内ゴルフコースおよびゴルフ練習場の「青梅リバーサイドパーク」の施設設備をIoT化し、スマートフォンを用いてキャッシュレス利用できるようにしたという。

今までは、施設内で利用できるICカードへ現金をチャージし、ICカードをかざして利用するものだったが、設備のIoT化により、スマートフォンのみで施設利用が可能になった。

スマートフォンからWebサイトにアクセスし、電話番号とプレー日時を入力、クレジットカード決済して予約すると、QRコードがショートメッセージで送信される。

予約当日にQRコードをかざして施設利用できる仕組みとなっており、専用アプリをインストールする必要もない。

入退場ゲートや、ゴルフボール貸出機などの既存設備をIoT化、クラウド上の予約・決済システムと連動することで、設備の自動化とキャッシュレス化を実現している。

IoT でキャッシュレス化、ゴルフ場で導入 | BUNNYHOP INC.

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.