スポーツITソリューションと慶應義塾大学がeスポーツ選手のパフォーマンス研究を開始

0 92

株式会社スポーツITソリューションは、慶應義塾大学 加藤貴昭環境情報学部准教授の研究会「HPL(Human Performance Laboratory)」と共同で、eスポーツ選手のパフォーマンス研究を開始した。

本研究は、慶應義塾大学SFC研究所(湘南藤沢キャンパス:神奈川県藤沢市)、みらいのまちをつくる・ラボの活動の一環として大井町の研究拠点で行われるとのこと。

eスポーツ選手の評価において「勝敗」はとても重要だが、その勝敗を分ける「スゴい」プレーは選手のどんな身体能力・スキル・メンタリティによって生み出されているのかについての議論はまだ深まっていない。

スポーツITソリューションと慶應義塾大学が共同研究

本研究ではまずサッカーゲームに着目し、リアルサッカーとヴァーチャルサッカーのプレーにおける類似や相違点、またトップレベルのeスポーツ選手のパフォーマンスの「スゴさ」を、視線計測やモーションキャプチャ、生体反応などアスリートとしての観点から解明する取り組みを行い、発信していくという。

eスポーツ選手のアスリート的「スゴさ」を探る。スポーツITソリューションが慶應義塾大学と共同研究を開始!

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.