甲子園歴史館に高校野球100回記念大会開会式と決勝戦のVR映像が登場

0 70

阪神電気鉄道株式会社が運営する甲子園歴史館では、昨年から阪神甲子園球場の様々な一面を圧倒的な臨場感で体感できる「VR(バーチャル・リアリティ)映像」を導入しているが、11月10日(土)から第4弾映像として、夏の高校野球 第100回記念大会「開会式VR」編と「決勝戦VR」編の2映像が新たに登場。

第4弾は、第100回全国高校野球選手権記念大会時に、360度カメラを駆使して撮影したもので(映像提供:バーチャル高校野球)、開会式編では、グラウンドレベルから見た入場行進や選手宣誓の映像などを、決勝戦編では100回大会記念に相応しい印象的なシーンを、まるでその場にいるかのような臨場感溢れる映像で、それぞれ疑似体験することができる。

VR映像は、あらかじめカメラで撮影した360度の映像を、専用の映像再生装置を装着することで、その場にいるような圧倒的な臨場感を体感しながら視聴できるというもの。

甲子園歴史館では、甲子園球場の様々な一面を体感していただくために、VR映像を導入しており、今後も新たなコンテンツの導入を検討していくという。

なお、映像は、甲子園歴史館の「甲子園ひろば」コーナーに設置している映像端末で視聴が可能だ。

夏の高校野球 第100回記念大会「開会式VR」&「決勝戦VR」の概要
【開始日時】
 11月10日(土)
【場所】
 甲子園歴史館「甲子園ひろば」コーナー
【タイトル】
 夏の高校野球 第100回記念大会「開会式VR」、「決勝戦VR」
【端末数】
 3台
【映像時間】
 各映像 約2分
【利用方法】
 スタッフの案内により、専用の映像再生端末をセットすると視聴いただけます。
【利用料】
 甲子園歴史館入館料に含まれます(別途料金は不要)。
 ※これまでに導入した「甲子園空中散歩(映像時間:2分15秒)」、「高校野球入場行進VR(映像時間:3分)」、「プロ野球リリーフカー体感VR(映像時間:2分30秒)」、「プロ野球グラウンド整備カー体感VR(映像時間:2分)」も引き続き、視聴いただけます。

甲子園歴史館 話題の「VR映像」第4弾が、11月10日(土)に新登場!~夏の高校野球 第100回記念大会「開会式VR」&「決勝戦VR」~

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.