スキーリゾート地でTポイントサービスとQRコード決済を導入

0 389

東急不動産株式会社、株式会社東急リゾートサービス、株式会社Tポイント・ジャパン及び、株式会社ネットスターズは、東急リゾートサービスが運営する全国のスキー場7カ所において、スマートスキーリゾートを目指し、顧客利便性向上や地域活性化のためのサービスを、11月23日より順次提供することを発表した。

Tポイント・ジャパンは同社の共通ポイントサービス「Tポイント」及び電子マネーサービス「Tマネー」を全国のスキー場で初めて提供する。

本サービスの開始により、Tカードをお持ちのお客様は、東急リゾートサービスが運営する各スキー場のリフト券購入時に、窓口にてTカードを提示すると、200円(税抜)でTポイントを1ポイント貯めることが可能となる。

また、現在お持ちのTカードに現金をチャージし、Tマネーをご利用いただくと、カード1枚でショッピングポイントと決済ポイントがダブルでTポイントが貯まる。

ネットスターズは同社のマルチ決済プラットフォーム「StarPay」を日本のスキー場としては初めて提供する。

東急リゾートサービスは本サービスの仕組みを活用し、中国人旅行者向けのスマートフォン決済サービス、「WeChat Pay(ウィチャットペイ、中国名:微信支付)」及び「Alipay(アリペイ、中国名:支付宝)」を導入することで、中国圏からの訪日観光客の利便性の向上を図るとのこと。

また、国内ユーザー向けにも同サービスを通して「LINE Pay」などのQR決済サービスに対応し、キャッシュレス化を推し進め、スキー場内で現金を持ち運ばずに済む世界の実現を目指す。

東急不動産とTポイント・ジャパンとネットスターズ、スキーリゾート地でTポイントサービスとQRコード決済を導入

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません