チャンピオン、大手スポーツブランドとして初の国内eスポーツ市場に参入

0 67

アメリカンスポーツアパレルブランドのチャンピオンは、2018年10月30日に多数のプロゲーマーをサポートする“Team GRAPHT(チーム グラフト)”を運営するMSY株式会社とオフィシャルチームウェアパートナー契約を締結し、大手スポーツブランドとして国内eスポーツ市場に参入する。

2019年に100周年を迎える“Champion”は、アスレチックウェアブランドとして、多くの独自性のあるスポーツウェアを提案し続けてきた。

eスポーツ用ウェアの開発においては、”Team GRAPHT”所属プレイヤーからの声をもとに、プレイシーンや遠征などの移動時におけるニーズを研究、100年近くスポーツブランドとして培ってきたノウハウを活かして日本独自の企画として開発。

商品構成は、”Team GRAPHT”への供給モデルのみならず、一般のeスポーツプレイヤーも着用出来るようなゲームウェア・移動着・アクセサリーなどプレイヤーが必要とするアイテムを幅広く用意し、2019年1月に発表するという。

また、2月に福岡で開催される世界最大規模の対戦格闘ゲームの祭典である”EVO(Evolution Championship Series)Japan 2019”で、”Team GRAPHT”のプレイヤーがChampionのウェアを着用する予定とのこと。

一般販売も2019年2月を予定しており、急速に拡大しているeスポーツ業界の中で、まだ定着していないアパレルマーケットにおいてChampionらしくプレイヤーによりそった機能とデザイン性を併せ持つウェアを提案していく。

アメリカのChampionでは、2018年9月に多数のプロゲーマーをサポートする“Team DIGNITAS”とパートナー契約を結び、チームウェアなどの供給を行ってる。

チャンピオン、大手スポーツブランドとして初の国内eスポーツ市場に参入

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.