仮想通貨取引のGMOコイン、J2昇格のFC琉球に1,000万円相当のビットコインを贈呈

0 195

GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、仮想通貨交換業を営むGMOコイン株式会社は、GMOフィナンシャルホールディングスグループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、安心して仮想通貨のお取引ができる環境を提供している。

この度、GMOコインが2018シーズンクラブパートナー契約を締結している、サッカーJ3リーグ「FC琉球」のJ2昇格が確定したため、J2昇格ボーナスとして1,000万円相当のビットコインを贈呈したと発表した。

11月3日(土)のJ3リーグ第30節、悲願のJ3リーグ優勝を果たし、J2昇格が決定した「FC琉球」。

ホーム最終戦となる、11月23日(金・祝)、沖縄県総合運動公園陸上競技場にて4,562人のサポーターが見守る中、昇格ボーナスである1,000万円相当の仮想通貨ビットコインを贈呈。選手とサポーターが再度J3優勝とJ2昇格の喜びを噛みしめる場となった。

GMOコインは、2018シーズンのFC琉球のサポートを行ってきた。

今回のJ2昇格ボーナスだけではなく、FC琉球に対する協賛金や、特別協賛した「GMOコインpresents 全島サッカー1万人祭り」のMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)の賞金もビットコインで贈呈するなど、新たな取組みを通して、GMOコインの仮想通貨事業の認知拡大と、沖縄県の地域発展、豊かなスポーツ文化の醸成を目指している。

FC琉球のJ2での更なる活躍を期待し、2019シーズンも引き続き、GMOコインはFC琉球を応援するという。

仮想通貨取引のGMOコイン、 FC琉球のJ2昇格ボーナスとして1,000万円相当のビットコインを贈呈! | GMOコイン株式会社

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.