『HUAWEI WATCH GT』 12月7日(金)より順次発売

0 293

ファーウェイ・ジャパンは、デュアルエンジン低消費電力システムによりGPS測位と心拍センサーを起動していても2週間持続する革新的なバッテリーシステムを搭載した『HUAWEI WATCH GT』を12月7日(金)より順次発売する。

3種類の衛星測位システムと進化した心拍モニター、気圧計、コンパスを内蔵、さらにスマート通知や睡眠トラッキング機能を搭載し、日常生活のサポートからランニングや水泳、キャンプや登山などのアウトドアまで様々なスポーツで活躍できる最新モデル。

市場想定売価はスポーツモデル(ブラック)が24,880円(税抜)、クラシックモデル(シルバー)が25,880円(税抜)。

また、スポーツモデルについては12月7日(金)より、クラシックモデルにつきましては12月19日(水)より発売する。

『HUAWEI WATCH GT』は、1.39インチの高精細AMOLEDを採用し、高級感溢れるセラミックベゼルでスポーツシーンだけでなく日常生活でもスマートに使える。

本体も厚さ約10.6mm、重さが約46g(ベルトなし本体のみ)と薄型軽量設計のため、自然な装着感があり、使用場面を選ばない。

日常生活ではスマートフォンとBluetooth接続をすれば、スマート通知機能で、メールの受信メッセージなどを通知することが可能だ。

スポーツシーンでは「GPS」、「GLONASS」、「Galileo」と3種類の衛星測位システムを内蔵し、より迅速に位置計測することが可能になった。

装着したまま泳げる5気圧防水や、進化した心拍数自動測定機能であるTruSeen™ 3.0、睡眠深度や睡眠時間の計測ができるTruSleep™ 2.0など便利な健康管理機能も搭載し、マルチスポーツやトレーニングに対応した科学的なアドバイスも提供できる。

ミニマムでありながら最新鋭の機能でサポートする。

進化した内蔵機能で様々なスポーツのサポートが可能に

「GPS」「GLONASS」「Galileo」の3種類の衛星測位システムが内蔵され、より迅速に測位できるようになった。

気圧センサーやジャイロセンサー、コンパスを搭載し、ハイキング、ランニング、ウォーキング、トレイルラン、アウトドアウォーキング、サイクリング、スイミング、フリートレーニングなどマルチスポーツに対応し、時間・距離・歩数などについて、科学的なアドバイスをすることができる。

さらに手洗いや雨などはもちろん、スイミング時にも安心して使用できる5気圧防水仕様。

また、ジャイロセンサーと加速度センサーの搭載により、水泳姿勢を自動的に識別して、ターン数、距離、ストローク数、消費カロリーなどが計測可能だ。

進化した心拍モニター機能であるTruSeen™ 3.0は、革新的なPPG技術とAIアルゴリズムを組み合わせ、ユーザーの心拍数を高い精度でリアルタイムに監視することが可能。

スポーツ中はあらかじめ設定した目標心拍数に基づいてトレーニングの強度を調整することができる。

GPSと心拍センサー起動でも2週間持続する長時間バッテリーを搭載『HUAWEI WATCH GT』 12月7日(金)より順次発売

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.