バルサイノベーションハブとFIFAがサッカーデータの規格化を計画

0 107

FIFAワールドカップ2018のスポーツ技術責任者であるヨハネス・ホルツミュラーは、バルサイノベーションハブとの共同による、新しいデータ規格を発表した。

その画期的な提案によって、クラブと情報提供者が、単一の統一フォーマットで、情報をより簡単に交換、比較することが可能になる。

また、そのフォーマットのおかげで、技術の使用を視覚化し、共有することができる。

この取り決めは、先週のFCバルセロナが開催した第4回スポーツ技術シンポジウムで、FIFAワールドカップ2018のスポーツ技術責任者であるヨハネス・ホルツミュラーによって発表された。

バルサイノベーションハブは、スペインにあるFCバルセロナスポーツ組織の技術と革新の中心的立場にあり、この度、FIFAが、それぞれのクラブにより異なるフォーマットで保存されていたこれまでのデータを統一した標準フォーマットを作成するのに手を貸した。

電子的パフォーマンスと追跡システムによるデータは、標準化された方法で、交換および比較できるようになった。

ホルツミュラーは次のように言っている。

「クラブは、様々なデータの供給元からもたらされる多くのデータを保有している。そして、そのデータを比較することが非常に重要だ。それが理由で、我々はバルサイノベーションハブと協力し、データをよりシンプルに制御、解釈そして比較できる標準化フォーマットを開発した。」

その新しいフォーマットは、FIFAとサッカーのルールを監督する4つの英国サッカー協会からなる独立組織である、国際サッカー協会理事会からの指令を受け、開発された。

FIFAは、2年前にこれらの新しいフォーマットを構築して以来、バルサイノベーションハブと協力してきた。

また、ホルツミュラーは次のようにも言っている。

「我々はまだまだ改善しなければならない。けれども、誰もが情報を交換できるグローバルなデータ骨組みはこれが初めてである。これは、全く新しい先駆者的な取り組みである。」

Barça Innovation Hub and FIFA Plan to Standardize Soccer Data

You might also like

Leave A Reply

Your email address will not be published.