世界最大のARスポーツ大会「HADO WORLD CUP」の優勝はわちゃわちゃ☆ピーポー

0 222

株式会社meleapは12月8日、ARを使ったテクノスポーツ「HADO」の世界大会「HADO WORLD CUP 2018」を開催した。

今回参加したのは、国内外で行われた予選大会を勝ち上がってきた14チーム。

イベント中、アイドルグループ「バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI」などのゲストによるエキシビジョンも開催した。

「HADO」とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、今話題の最新のAR技術を使ったスポーツ。

3対3のチームでエナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦する。

現在、同社はHADOシリーズをアジア、北米、南米、ヨーロッパ、中東、アフリカなど世界23ヶ国52箇所に店舗を展開し、延べ130万人以上が体験している。

「HADO WORLD CUP 2018」には、各国で開催された予選大会を勝ち抜いた全14チームが出場した。

今年は日本からの8チームに加えイギリス、香港、韓国、マレーシア、シンガポール、インドネシアなど7つの国と地域から世界ナンバー1を競い、激しい戦いが繰り広げられた。

前半の予選と敗者復活戦で14チームから4チームまで絞られ、決勝トーナメントに参加を決めたのは、ヒュブリス、わちゃわちゃ☆ピーポー、わちゃごな☆ピーポー、そして敗者復活戦から思考行結-あひる組- 。

激戦の末、優勝を勝ち取ったのはわちゃわちゃ☆ピーポーだ。

わちゃわちゃ☆ピーポー

世界最大のARスポーツ大会「HADO WORLD CUP」、優勝はわちゃわちゃ☆ピーポー

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません