よしもとLibalent所属のふぇぐ選手が『Shadowverse』世界一に!

0 229

ゲームの企画・開発・運営事業を展開する株式会社Cygames(以下、サイゲームス)が開発・運営をおこなう本格スマホカードバトル『Shadowverse(以下、シャドウバース)』の世界一を決める「Shadowverse World Grand Prix 2018」が2018年12月15日(土)、16日(日)の両日開催され、よしもとLibalent(リバレント)所属のふぇぐ選手が世界一に輝いた。

また、表彰式後、サイゲームス常務取締役 兼 『シャドウバース』プロデューサー木村唯人氏が、2019年にも同額の優勝賞金100万USドル(約1億1,000万円)の世界大会「Shadowverse World Grand Prix 2019(仮)」を開催することを発表した。

本大会は、国内で開催されるesports大会史上、最高の優勝賞金100万USドルをかけて、2018年シーズンに世界各地の大会で優秀な成績をおさめた、24名の選手が二日間にわたり熾烈な戦いを繰り広げた。

15日のDay 1スイスドロー8回戦の上位8名、Riowh選手、NineVoice選手、Potwasher選手 (Tempo Storm)、ふぇぐ選手 (よしもとLibalent)、Hishiro選手、ZeNX選手、ソルト選手、カサゴ選手が、トーナメント方式で行われる16日のGRAND FINALSに進出。

優勝したふぇぐ選手は、準決勝で、Day1をトップで通過したRiowh選手との激戦をものにし、決勝に勝ち上がり、Potwasher選手との決勝も互いに一歩も譲らぬ厳しい戦いとなったが、最後にチャンスをものにし、優勝に輝いた。

優勝インタビューでは、目に涙を浮かべながら、「(この喜びは)所属チームのよしもとLibalentのメンバーに伝えたいです。成績が振るわない時期もありましたが、あきらめないで、毎日練習した結果だと思います。今日も1、2時間しか寝ないで練習をしました…シャドウバースには夢があります!本当に楽しいゲームなので、ぜひ、もっと多くの人にプレーしてもらいたいです。」と喜びを表現した。

「Shadowverse World Grand Prix 2019(仮)」の続報については、近日公開予定の「Shadowverse Next 2019」にて発表するという。

『Shadowverse』 よしもとLibalent所属のふぇぐ選手が世界一に輝き、優勝賞金100万USドルの主人公に!2019年シーズンも世界大会開催決定

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません