JSPORTS、世界一過酷なラリーレース「ダカールラリー2019」を放送配信

0 200

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツ(以下「J SPORTS」)は、1月6日に開幕する「ダカールラリー2019」の模様をスタートからゴールまで現地特派員からのレポートを交え連日ハイライト番組をお届け。

またPC、スマホ、タブレットで見られる「J SPORTSオンデマンド」でも放送同様に配信する。

ダカールラリーとは、毎年1月、南米を舞台に開催されるアドベンチャーラリー。

例年50カ国以上の競技者約500名が300台以上のバイク・4輪・トラックなどで参戦。

世界190カ国以上でTV放映され、その経済効果は3億米ドルともいわれる一大イベントだ。

昨年大会の完走率は54.9%と半数近い競技者がリタイヤしており“世界一過酷”とも称されている。

41回目の開催となる今大会はペルーの首都・リマを1月6日にスタートし、1月17日に再びリマでゴールを迎えるという史上初の1カ国開催となり期間も最短となる。

総走行距離は前回大会の約9,000kmから5,541kmと減少しているが昨年大量のリタイヤを出したペルーの砂漠などが選手の前にたちに立ちはだかる。

主催団体は「ステージは短くなっているが過酷さは変わっていない。競技参加者は心身ともに従来同様の準備が求められる」と語っている。

また距離が短くなったことにより、昨今「砂漠のF1」ともいわれるスプリントレース色はより強まるものと想定され、ドライバーにとっては1秒たりとも気の抜けないレースになることは間違いない。

また今大会もJ SPORTSはダカールラリーに参戦する日本チーム各社の協力を得て独自にプレスカーを派遣し、全行程を帯同取材する。

「TEAM JAPAN」と題したこのプロジェクトではレース映像には映らない日本チームや日本人選手の奮闘模様、現地の食レポート、絶景の紹介などダカールラリーの魅力を余すことなく紹介していくとのこと。

また番組以外にも動画サイト、SNS向けのオリジナルレポートもあるという。

今大会注目選手は日本が世界に誇る“砂漠の鉄人”こと菅原義正(HINO Team SUGAWARA)。

昨年は惜しくもステージ2でリタイヤしたが、77歳となった今年も現役ドライバーとして参戦。

自身が持つギネスブックの認定記録“ダカールラリー史上最多36回連続出場”の更新と上位進出を目指す。

海外勢で注目は元WRC王者S.ローブ、昨年大会覇者のC.サインツ、通算13度のダカール覇者であるS.ペテランセルら昨年でダカールラリーを撤退したプジョーに所属していたドライバーたち。

それぞれが移籍をし、今大会も参戦。新チームでの飛躍を期している。

世界一“過酷”なラリーレース「ダカールラリー2019」史上初の1カ国開催!今年も全行程帯同取材を敢行、現地の“今”を伝えます!! | J SPORTS

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません