フジテレビとソフトバンク、格闘技大会「RIZIN.14」の試合映像をVR配信する

0 334

株式会社フジテレビジョン(以下「フジテレビ」)とソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)は、株式会社ドリームファクトリーワールドワイドが2018年12月31日にさいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で開催する格闘技大会「RIZIN.14」の試合を、VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)技術を活用した映像で配信することに合意した。

「RIZIN.14」のニュートラルコーナーやリングサイド、観客席など計4カ所にVRカメラを設置してVR映像を撮影・制作。

「フロイド・メイウェザー vs. 那須川天心戦」を含む、全14試合をVRならではの臨場感・迫力で楽しめる。

このVR映像はスマートフォン(アプリ)を通して視聴できるもので、ソフトバンクが2019年1月11日から配信する予定だ。

また、特典映像として、同日に開催される「RIZIN 平成最後のやれんのか!」の「川村虹花 vs. あい戦」も配信を予定している。

「RIZIN.14」のVR映像の視聴には、観戦用QRチケットが必要。

VRゴーグルと観戦用QRチケットをセットにした「RIZIN VRゴーグル」を、RIZINのオフィシャルオンラインストアで、2018年12月21日に発売する。(商品の発送は、2019年1月10日より順次開始。)

さらに、大会の会場であるさいたまスーパーアリーナで12月30~31日に開催される「格闘技EXPO 2018」の物販コーナーでも販売。販売価格は4,500円(税込み)だという。

VR映像を視聴するには、専用スマホアプリ「パノミル」(株式会社ピクセラ提供)をスマホにインストールする必要がある。

観戦用QRチケットからQRコードを読み取り、専用画面でチケット登録を行った上で、VRゴーグルにスマホをセットすることで視聴できる。

“ソフトバンク”以外のお客さまも、「RIZIN VRゴーグル」を購入すれば視聴可能だ。

なお、9月30日に開催された「RIZIN.13」のVR映像を、本日から「パノミル」で無料公開するとのこと。

フジテレビとソフトバンク、格闘技大会「RIZIN.14」の試合映像をVR配信することで合意

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません