アルバルク東京オリジナル「バスケットボールVRゲーム」が登場

0 407

アルバルク東京では、株式会社シーエスレポーターズと共同でVirtual Reality (以下、VR)コンテンツ「アルバルク東京 バスケットボールVRゲーム」を制作し、1月26日(土)より、アリーナ立川立飛でVRゲーム体験会を実施する。

本ゲームは、VR専用のゴーグルをつけることで、映像が360度広がり、「アルバルク東京VRアリーナ」に降り立つことができる。

利用するお客様自身がスリーポイントシューターとなり、チームマスコット・ルークのパスを受けてシュートを放つという、VRコンテンツならではの没入感が味わえる、アルバルク東京のオリジナルVRゲームとなっている。

1月26日(土)、27日(日)、30日(水)の3日間、アリーナ立川立飛で行われるアルバルク東京ホームゲームにて、無料体験会を実施するという。

なお、現在コンテンツ開発中のため、ゲーム及びイベント内容詳細は、別途お知らせがあるとのこと。

■実施日
1:1月26日(土)、2:1月27日(日)いずれも15:05 TIPOFF
アルバルク東京 vs 大阪エヴェッサ
3:1月30日(水)19:05TIPOFF
アルバルク東京 vs レバンガ北海道

■イベント内容
「アルバルク東京 バスケットボールVRゲーム」の無料体験会
・場所:アリーナ立川立飛の会場内コンコース
・時間:アリーナ開場~試合終了まで
※実施時間は多少前後する可能性がございます。予めご了承ください。
※参加には、当日の試合観戦チケットが必要となりますので、事前にご準備をお願いします。

注目の「VR」がバスケットボールで体験できる!アルバルク東京オリジナル「バスケットボールVRゲーム」が登場! | アルバルク東京

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません