「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」に『グランツーリスモSPORT』と『ぷよぷよeスポーツ』が追加

0 115

一般社団法人日本eスポーツ連合(以下、JeSU)は、いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会実行委員会と実施する、『全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI』の追加タイトルとして、『グランツーリスモSPORT』と『ぷよぷよeスポーツ』の2タイトルを追加したと発表した。

これにより既に発表している『ウイニングイレブン 2019』とあわせ、実施するタイトルは3タイトルとなった。

本大会は国民体育大会の文化プログラムとして初めて実施されるeスポーツ大会で、文化プログラムとしても全国47都道府県で予選を実施する初めての大会となる。

今回の発表にあたり、大井川茨城県知事は次のように述べている。

「今年5月の開催発表から、本大会に対して多くの反響がありました。そして今回の日本eスポーツ連合からタイトル追加の依頼を受け、より多くの選手が参加できると考え、タイトルの追加を決定しました。そのことで本大会が更に盛り上がることを期待しています。」

また、各タイトルの予選に関する参加資格や大会形式については、各タイトルメーカーが大会特設サイトを公開した。

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません