SPORTS TECH TOKYO、一次選考を通過した14社が公開

0 201

電通と米スクラムベンチャーズが展開する、スポーツ分野で優れた技術や事業アイデアを持つスタートアップを世界から募り、メンタリングをはじめとする独自のプログラムで約1年間の支援を行う「SPORTS TECH TOKYO」の一次選考を通過した14社を発表した。

なお、今回の通過とは「パーティシパント(全体で100~150社を予定。引き続き選考を行っていきます)」としての資格を得るもので、今後このパーティシパント」の中から「ファイナリスト(10~15社を予定)」を選出するとのこと。

■ ActionStreamer(拠点:シンシナティ・アメリカ)
https://www.actionstreamer.com/

■ Baseline Vision(拠点:テルアビブ・イスラエル)
http://www.baselinevision.com/

■ D-ID(拠点:テルアビブ・イスラエル)
https://www.deidentification.co/

■ Halo Neuroscience(拠点:サンフランシスコ・アメリカ)
https://www.haloneuro.com/

■ Jebbit(拠点:ボストン・アメリカ)
https://www.jebbit.com/

■ Nix Biosensors(拠点:ボストン・アメリカ)
http://nixbiosensors.com/

■ MaxOne(拠点:グランドラピッズ・アメリカ)
http://www.gomaxone.com/

■ ookami(拠点:東京・日本)
https://ookami.tokyo/

■ Ticketstreet(拠点:東京・日本)
https://ticket.st/

■ Paranoid Fan(拠点:ダラス・アメリカ)
https://paranoidfan.com/

■ Pico(拠点:ハイファ・イスラエル)
https://www.picogp.com/

■ Prevent Biometrics(拠点:ミネアポリス・アメリカ)
http://www.preventbiometrics.com/

■ Spalk(拠点:オークランド・ニュージーランド)
https://www.spalk.tv/

■ Waittime(拠点:デトロイト・アメリカ)
http://www.thewaittimes.com/

通過スタートアップ決定(第1次)|SPORTS TECH TOKYO(スポーツテック東京)

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません