日本フェンシング協会、ビズリーチで副業兼業の戦略プロデューサーを4名採用

0 312

株式会社ビズリーチと公益社団法人日本フェンシング協会(以下FJE)は、FJEが副業・兼業限定で募集した戦略プロデューサー4職種で、民間のビジネスプロフェッショナル4名を採用した。

即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」で、2018年10月4日から10月31日まで実施した公募から選考・決定しました。

募集した4職種(各1名、合計4名)は、経営戦略アナリスト、PRプロデューサー、マーケティング戦略プロデューサー、強化本部ストラテジストで、計1,127名の応募があった。

応募者のなかから選ばれた4名(首都圏の企業に勤める30~50代)は、本年1月から就業するという。

FJEは日本フェンシング界をさらに発展させるために、会長・専務理事直下の「ビジネス戦略サポートチーム(仮称)」を新設。

副業・兼業のビジネスプロフェッショナルを受け入れ、組織の基盤強化を進めていくとのこと。

なお、競技団体による副業・兼業限定の公募は日本で初めてである。

日本フェンシング協会が副業・兼業限定の戦略プロデューサーをビズリーチで募集民間のプロ人材4名(30~50代)を採用

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません