博報堂DYグループ、スポーツテクノロジーの研究・開発を行う「Sports Technology Lab」を設立

0 670

株式会社博報堂DYホールディングス(以下 博報堂DYホールディングス)と株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(以下 博報堂DYメディアパートナーズ)は、スポーツテクノロジーの研究、新規事業開発を目的に、株式会社Sports Technology Lab(以下Sports Technology Lab)を共同で設立することに合意し、2018年11月1日より営業を開始した。

またSports Technology Labでは、2017年12月に博報堂DYホールディングスと資本業務提携した株式会社Preferred Networks(以下 PFN)と共同で、ディープラーニング技術を用いたスポーツアナリティクス領域のプロダクト開発を行う。

昨今様々な分野においてAI技術の活用が進んでいる。現状、スポーツ分野においては、プレーの解析や判断は人間の経験値や感覚に委ねられる部分が多く、AI技術の活用はまだまだ発展途上にあると思われる。

博報堂DYグループでは、2017年12月に新設したグループ横断組織「AIビジネス・クリエイション・センター」においてAI技術を活用した新たなソリューション開発の検討を進めてきた。

今回、スポーツ領域に注目し「スポーツデータ×AI技術」による革新的なスポーツアナリティクステクノロジーの研究・開発、及びスポーツアナリティクス事業のフィジビリティスタディを行うSports Technology Labを設立。

Sports Technology Labは、スポーツアナリティクス領域における映像解析や分析シミュレーションにおいて、PFNの持つ最先端のディープラーニング技術を活用することで革新的なスポーツアナリティクスソリューションを開発することができると考え、スポーツアナリティクス領域において、PFNと包括的共同開発契約を締結した。

また、博報堂DYグループのスポーツデータビジネスを推進するデータスタジアム株式会社(以下 データスタジアム)と連携し、国内のみならず海外マーケットも見据えたスポーツ領域での新規ビジネス展開を目指していくという。

博報堂DYグループ、スポーツテクノロジーの研究・開発を行う「株式会社Sports Technology Lab」を設立 | コーポレートニュース | 博報堂DYホールディングス

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません