eスポーツの普及拡大へ、米国でも「ストリートファイターリーグ」開催決定

0 244

株式会社カプコンは、「ストリートファイター」シリーズを活用したeスポーツの「ストリートファイターリーグ」において、今春の日本での開幕を皮切りに、4月より米国でも「Street Fighter Pro League – USA」として開催することを決定した。

「ストリートファイター」シリーズは、1987年に業務用ゲーム機として第1作目を発売後、1991年に投入した『ストリートファイターII』で革新的な対戦システムが話題を呼び、大ヒットを記録した。

2018年には最新作『ストリートファイターV アーケードエディション』を発売し、全世界でシリーズ累計4,200万本(2018年9月末時点)の出荷を誇るなど、登場から32年を迎える今なお、世界中で人気を博している。

この度開催を決定した「Street Fighter Pro League – USA」は、世界で急成長を続けるeスポーツ市場において、潜在的なプロプレイヤーの発掘や新たな展開を目的として開催する。

2014年から個人戦として実施しているCAPCOM Pro Tourとは異なり、3人で編成される6チームが総当たり戦で争う。

4月~6月の春シーズンに続き、秋シーズンも開催予定。

また、国内では、カプコン「ストリートファイターリーグ powered by RAGE」の今春開幕に先駆け、1月26日に参加プレイヤーを選出するドラフト会議をAbemaTVとOPENREC.tvにて放送予定だ。

株式会社カプコン | eスポーツの更なる普及拡大に向けて日本を皮切りに米国でも「ストリートファイターリーグ」開催決定!

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません