ガンバ大阪、選手着用ユニフォームを対象としたオークションを開催予定

0 91

ガンバ大阪は、ゴールドパートナーである株式会社SOUと初の試みとなるコラボオークションをスタート。

株式会社SOUの代表取締役社長 嵜本晋輔氏は2001年~2003年ガンバ大阪に所属しており、引退後、「世界中のプライスをもっとオープンにし、売買をスマートにする」という経営ヴィジョンを掲げ、リユースのさらなる発展を目指すべく2011年11月に株式会社SOUを立ち上げた。

現在はゴールパートナーとしてガンバ大阪をサポート。

ガンバ大阪をはじめサッカー界、そしてスポーツ界のより一層の発展と応援、そして恩返しの意をこめ、コラボオークションの立ち上げに至ったとのこと。

第1回は2019シーズン開幕戦にて選手が着用したユニフォームを対象としオークション開催予定となっている(鑑定書付)。

このチャリティーオークションの売上は地域への新たな社会貢献活動費として活用するという。

詳細に関しては、改めてガンバ大阪ホームページにて告知があるとのこと。

ニュースリリース | ガンバ大阪オフィシャルサイト

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません