ロジクール、ゲーミングヘッドセット新製品4機種を発売

0 268

ゲーミングデバイス市場における世界のリーディングカンパニーLogitech Internationalの日本法人、株式会社ロジクールは、ゲーミングブランド「ロジクールG」よりワイヤレスヘッドセット「G933s」、有線ヘッドセット「G633s」、「G431」、「G331」の4製品を2019年2月26日(火)より発売する。

価格はオープン価格で、参考価格はそれぞれ21,500円(税抜)、17,880円(税抜)、11,130円(税抜)、9,130円(税抜)。

eスポーツの本格化により、ゲームのプレイの高度化はもちろん、デバイスもさらに高品質なものが求められるようになってきている。

ゲーミングヘッドセットの購入者・所有者におけるアンケートで最も重要だと思う特徴をアンケートした所、1位が快適な装着性、2位が音質、3位がサラウンド音響、4位がマイクの遅延となった。

本製品群はロジクールのこれまでの人気製品を刷新し、さらに快適性、音質、サラウンド音響を強化している。

<「G933s」製品特徴>
■合皮製イヤーパッドの採用でより軽く柔らかい着け心地に
前モデル「G933」ではメッシュ素材を採用していたが、「G933s」では合皮製のイヤーパッドを採用した。柔らかな素材感で、側圧を高めても締め付け感はなく、安定しながらもストレスのない装着感を実現している。

■独自開発の大口径ドライバーを搭載し、迫力を増しながらも繊細な音質を実現
本製品には新たに独自開発された、50mmの「Pro-G™オーディオ ドライバー」を搭載している。全モデルの「G933」からは10mmのサイズアップをしており、より迫力のある音が実現される。メッシュ構造のドライバーは、低音をさらに強化し、ノイズを低減するほか、周波数特性の波も滑らかになっている。また、音圧感度※は93dBと低音圧感度で、より繊細な音質になっている。
*電力が1mWの場合の、1kHzあたりの音圧レベル

■DTS Headphone:X 2.0※採用により、より臨場感のあるサラウンドを実現
ロジクールの独自開発したソフトウェアであるLogicool G HUBをインストールしたPCで本製品を使用することで、DTS Headphone:X 2.0に対応する。想定された設計通りに音像が再現され、相手の位置を正確に把握することができる。
*米国のDTS社が開発したヘッドフォン用のバーチャルサラウンド技術。左右2チャンネルのヘッドフォンで、最大11.1チャネルのサラウンド再生を擬似的に再現。

■ゲームの音楽とアクションに連動したライティング
LIGHTSYNC™技術の採用で1,680万色からカスタマイズ可能なゲーム内のアクションに連動したライティングでゲームプレイを演出する。

■2.4GHzワイヤレス接続で12時間の連続使用が可能
付属のUSBアダプターとヘッドホン本体が2.4GHzワイヤレスで接続接続される。RGBライトを使用する際は約8時間の本体連続使用が可能、RGBライト無しで約12時間の連続使用が可能*。また、3.5mmのアナログ入力を使用すれば、ゲーム機でもモバイルデバイスでもパソコンでも、バッテリーのことを気にせずゲームに没頭できる。
*バッテリー寿命は使用環境によって異なる。

■声がはっきりと伝わるノイズキャンセリングマイクを搭載
声がはっきりと伝わるノイズキャンセリングマイクを搭載している。使わないときは、マイクを折りたたんでヘッドセット内にしまうことで、自動的にミュートされるほか、視界にも入らなくなるので、ゲームプレイに集中できる。

■有線で同クオリティの「G633s」や、コストパフォーマンスの高い「G431」「G331」も発売
最もハイエンドな「G933s」以外にも3機種が同時発売される。「G633s」は有線で「G933s」と同品質を持つ。「G431」はPro-Gドライバーは採用していないが、50mmの大型ドライバーを採用している。「G431」からサラウンド機能を省き、さらに求めやすい価格の「G331」など多様なラインナップを用意している。

ゲーミングヘッドセット新製品4機種発売 ドライバー大型化やイヤーパッドの刷新で、音質・付け心地が向上

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません