アルビレックス新潟が「LINE Pay」決済をホームゲーム・オフィシャルショップに導入

0 319

アルビレックス新潟では2019シーズンから、コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を、ホームゲーム会場、クラブのオフィシャルショップでの決済対応に導入することを決定した。

「LINE Pay」は、「LINE」ユーザーであれば誰でも規約に同意するだけで即時登録完了、利用開始が可能。

ご登録後、銀行口座やコンビニエンスストアなどから事前にチャージいただくと、スマートフォンのみでお支払いが可能となる。

キャッシュレス決済は世界的にも急速に拡大しており、スポーツ分野では2020年に東京オリンピック・パラリンピックをひかえ、インバウンド対応も含めて注目を集めている。

アルビレックス新潟では、「LINE Pay」決済をデンカビッグスワンスタジアムで開催するホームゲーム(2019明治安田生命J2リーグ)の飲食売店、グッズ売店、チケット販売所などで導入。

それぞれの決済シーンでのスピードアップや簡便化を実現し、利用者の満足度向上を図る。

「LINE Pay」は新潟駅南口オフィシャルショップ「オレンジガーデン」でも併せて導入する。

■導入場所
A.2019シーズン J2リーグ戦ホームゲーム会場
・飲食売店
・グッズ売店
・ポップコーン売店
・チケット販売所
・総合案内所
※3月9日(土)に開催するJ2リーグ第3節・柏レイソル戦から導入開始
B.新潟駅南口オフィシャルショップ「オレンジガーデン」

「LINE Pay」決済をホームゲーム、オフィシャルショップに導入!

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません