株式会社ハイド、esportsチーム『TEAM HYDE』を設立

0 220

株式会社ハイド(以下「ハイド」)は、2019年2月15日(金)esportsチーム『TEAM HYDE』を設立しesports事業に参入する。

同日、『鉄拳7』ジャパン・eスポーツ・プロライセンスを所持する破壊王選手と所属契約を締結したことを発表した。

破壊王選手は、「東京ゲームショウ2018 e-Sports X(クロス)」ステージで開催された「鉄拳プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦」にて優勝。鉄拳7部門の日本代表として派遣された「第10回eスポーツワールドチャンピオンシップ」では銀メダルを獲得し、世界レベルの実力を証明した。

『TEAM HYDE』の所属第一戦目の大会として、2019年2月16日(土)から福岡県福岡市で開催される『EVO Japan 2019』の鉄拳7部門に参戦する。

「ハイド」は2002年の創業時より家庭用ゲーム機用ソフトウェアの企画・開発、スマートフォン向けのゲームアプリの企画・開発を中心としたゲーム開発事業を主軸に、コンピュータグラフィックス制作、動画コンテンツ制作事業など、様々な事業を行ってきた。

この度、ゲーム業界の一員として、近年、盛り上がりを見せているesportsの盛り上げに貢献するべく『TEAM HYDE』を設立。

「1.熱い情熱」と「2.高いレベルの技術」をもち、「3.真摯に競技に取り組む」プロゲーマーの皆様の支援活動を今後、行っていくという。

今後も、所属選手を増やし、また、プロゲーマーを目指す方の支援も行っていくとのこと。

また、同社は、新潟と仙台に開発の拠点をもっており、ゲーム開発を通じた地域振興を経営における重要なテーマの一つと定めている。

esports事業においても、esportsを通じた地域振興に貢献していくといい、全国各地で今後、開催される大会やイベントへの選手の派遣、大会やイベントへの協力も行っていきたいとのこと。

Team HYDE | Pro Gaming Team

ハイド、esportsチーム『TEAM HYDE』を設立!「鉄拳プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦」優勝の破壊王選手と所属契約を締結。

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません