千葉ロッテ公式YouTubeが大盛況でキャンプイン後の総再生回数が86万回を突破

0 166

再生回数1位はドラ1藤原が腕相撲王者に挑戦回で約27万回

千葉ロッテマリーンズ公式YouTubeチャンネルが大盛況である。

球団によれば、18日午前10時現在、石垣島春季キャンプ中にアップした特別動画21本の総再生回数が86万回に達したという。

2018年春は24本の動画を投稿し、再生回数は55万回を記録。今年は大幅アップに成功した。

再生回数ベスト5は下記の通り。

1位 藤原恭大が腕相撲日本チャンピオンに挑んだキャンプ最終日にカメラが密着(2月11日、再生回数27万回)
2位 新人選手キャンプインの朝にカメラが接近(2月1日、再生回数6万6000回)
3位 ドラフト2位ルーキー東妻のブルペンにカメラが接近(2月2日、再生回数6万4000回)
4位 ドラフト3位ルーキー左腕・小島のブルペンにカメラが接近(2月4日、再生回数6万1000回)
5位 寿司ボーイ・レアードが石垣島に上陸! 合流初日にカメラが密着(2月2日、再生回数4万6000回)

SNS担当者は「トップ5のうち4つが新人選手に関する動画であることから、新人選手への期待、注目度の高さが伺える数値となりました。中でも、藤原選手の注目度は群を抜いて高く、YouTubeだけではなくツイッター、インスタグラムでも、彼に関する投稿には沢山の『いいね!』がついています。分析をした中で分かった傾向として、従来の千葉ロッテマリーンズファンだけではなく、幅広い層にリーチされています。1月、2月といい形でSNSを通して盛り上げることができていると思うので引き続き、展開をしていきたいです」とコメントした。

千葉ロッテでは2014年9月からYouTubeへの特別動画投稿を始め、これまで投入した動画の合計再生回数3800万回で12球団トップ。

今年もチームの舞台裏など様々な動画を公式チャンネルを通じて積極的に発信していく予定だという。

千葉ロッテ公式YouTubeが大盛況 キャンプイン後は総再生回数が86万回を突破

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません