オートバックスセブン、ドローンスポーツ「ドローンサッカー」を日本へ初導入

0 387

株式会社オートバックスセブンは、韓国発祥の『ドローンサッカー』というドローンとサッカーをミックスした最新スポーツを、韓国ドローンサッカー協会および日本ドローン協会と連携し、日本国内の導入を開始する。

導入にあたり、同社は4月より機体の輸入販売および活動支援を行い、ドローンサッカーの認知度向上と、競技者数の拡大に努める。

ドローンサッカーは、韓国発祥の競技で、球状のフレームに覆われたドローンを使用し、5対5で戦う最新戦略型チームスポーツ。

区切られたフィールド(幅:20m × 奥行:10m × 高さ:5m)の空間において、ドーナツ型のゴールにドローンを通すことで得点を競うスポーツである。

オフェンス用ドローン1機で得点を獲得しつつ、他の4機でオフェンスの支援や自ゴールのディフェンスすることから、スピードだけではなく、チームとしての連携など、高い戦略性が求められる競技となっている。

ドローンサッカーは、お子様からご高齢者まで、年齢や性別を問わずに楽しめるバリアフリーな競技で、同社は競技を通じて、ドローン飛行技術の向上とともに、家族や企業、学生のサークル、地域のコミュニティなどでの、チームワークの醸成にも役立つものと考えている。

【ドローンサッカー動画】

【ドローンサッカーイベント情報(予定)】
・愛知県春日井市「高蔵寺ニュータウン未来展(3 月 16 日~17 日)」での体験会、競技デモ
・福島県耶麻郡猪苗代町にてドローンサッカーエキシビジョン大会(4月28日~29日)

オートバックスセブン、ドローンスポーツ「ドローンサッカー」を日本へ初導入

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません