ゴルフ場検索予約サイト“メンバーズゴルフデスク”が福利厚生倶楽部に登場

0 246

福利厚生アウトソーシングサービスのトップカンパニーである株式会社リロクラブが運営する「福利厚生倶楽部」は、2019年2月28日よりインターネットでゴルフのワンストップ・サービス(見る・買う・行く・楽しむ)を展開する株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインと提携し、横断検索サイト第4弾として全国のゴルフ場が会員特典価格で利用できるゴルフ場検索予約サイト“メンバーズゴルフデスク”を会員向け専用サイトにてオープンした。

本最大級の特典付きゴルフ場検索予約サイトを目指し始動


福利厚生倶楽部が提携している「名門」と言われるゴルフ場の検索予約はもちろんのこと、GDOと提携することにより全国のゴルフ場を会員特典付きで提供できるようになった。

全国2,000コースを超えるゴルフ場では、福利厚生倶楽部ならではの特典も用意。

さらに、他のゴルフ場予約サイトや、グループ系ゴルフ場での特典提供も予定している。

また、福利厚生倶楽部は全国に10,000社・630万人※1の会員を有しており、全国を9エリアに分けた地域密着型の会報誌は地方のゴルフ場にとっても、魅力的な送客媒体の1つとなる。

絶大な媒体力をもつ会報誌と、このたび会員専用サイトにオープンしたゴルフ場検索約予約サイト“メンバーズゴルフデスク”の相乗効果により都市部だけでなく、地方のゴルフ場の活性化にも福利厚生倶楽部は寄与する。

※1:2018年4月現在

特別なプレー料金で利用できるサービスも期間限定で用意

福利厚生倶楽部とGDOが提携することにより、会員は全国のコースでプレーが可能となる上、サービスの開始に合わせ、GDOが展開する「GDOゴルフ場予約クーポン」が福利厚生倶楽部 会員特別価格にて購入できる。

本クーポンは、GDOゴルフ場予約利用可能コースにて、プレー料金の割引に利用でき、枚数を重ねて使うことも可能なので、とてもお得である。

※GDOゴルフ場予約クーポンはコード番号によるご案内になります

ゴルフによる従業員の健康増進活動で「健康経営」にも寄与


話題の「健康経営」の取り組みの1つに“従業員の健康保持・増進”がある。

企業は従業員の健康保持・増進を図るためポピュレーション・アプローチの実施施策として、クラブ活動への支援や健康活動の参加者へポイントを付与するなど様々な取り組みが増え始めている。

福利厚生倶楽部では “従業員の健康保持・増進”を図っている入会企業が、クラブ活動支援や個々の健康増進を目的とした企業単位での補助を福利厚生倶楽部であればフィットネスクラブからゴルフにいたるまで多くの運動に適用することが可能である。

生活習慣病有病者が増え始める40代以上では、年齢を重ねるごとに激しいスポーツは厳しくなってくるが、ゴルフであれば普段運動不足な方も歩くことにより適度な有酸素運動の機会を得ることができる。

また自然の中で過ごす一日はストレスからの解放も期待できる。

フィットネスクラブでは飽きてしまう方や、働き方改革で時間の余裕が生まれたが過ごし方が分からない中高年には、ゴルフはおすすめの運動といえる。

ポピュレーション・アプローチの実施施策では、参加率・継続率・満足率なども評価指標とされ、従業員が実行(参加)しやすく、楽しめる施策の検討が必要である。

日頃の練習やゴルフ場のプレーでの費用負担の軽減化や満足度の向上のため、健康経営における福利厚生補助としての活用を福利厚生倶楽部は様々な方面で支援する。

福利厚生倶楽部ならゴルフ場検索だけでなくゴルフ周りもお任せ

福利厚生倶楽部は10万を超える会員メニューをとりそろえており、ゴルフ道具や練習場、レッスンの割引特典はもちろんのこと、レンタカー、ガソリン代や宿泊施設、日帰り温泉、お帰りのお食事などゴルフ周りのケアも任せられる。

さらに、リロクラブアプリの“現在地から探す”機能を活用すれば、ゴルフ場近くや、帰り道での施設検索もボタン一つで簡単に地図表示される。

初めてのゴルフ場でも周辺情報が手軽に得られて心強い相棒となる。

福利厚生倶楽部は25周年を迎えた


1993年に“中小企業にも大企業並みの福利厚生をお届けしたい”という思いから始まった「福利厚生事業」も、今期で25周年を迎えた。

2018年5月発表では、 創業からの思いである中小企業を中心に、福利厚生アウトソーシング業界初の契約数10,000社(団体)を突破。

会員数も630万人を超え、多くの企業から支持を受け続けることで達成ができた。

ゴルフ場検索予約サイト“メンバーズゴルフデスク”が、福利厚生倶楽部に登場!健康経営促進ツールとしても注目!!

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません