元サッカー国際審判員・小幡真一郎氏とeスポーツ実業団チーム「KYANOS(キュアノス)」がアドバイザー契約を締結

0 348

制御盤 設計・製造及び海外規格コンサルタントを手掛ける株式会社三笠製作所が運営するeスポーツ実業団チーム「KYANOS(キュアノス)」は元Jリーグの主審として永らく日本のサッカー界を支えてこられている小幡真一郎氏とアドバイザー契約を締結した。

なお、元サッカー国際審判員がeスポーツの指導を行うのは日本初の事例となる。

今後、小幡氏は同チーム所属選手に対し、元Jリーグ主審としての経験をふまえたeスポーツにおけるサッカーのプレー指導を行っていくという。

小幡真一郎氏 コメント

「ルールはそのスポーツの文化を表すものであり、醍醐味や魅力を保証するものです。審判という立場に加えて、Jリーグを身近で見てきたプレーヤーの思いを踏まえて、eスポーツをサポートしていきたいです。また、eスポーツは日頃からの研鑽してきた技術や戦術を駆使して相手と競い合う競技であり、戦略的な思考が求められると思います。ある意味ではスポーツにおける知的な戦いとも言えます。スポーツが求める「する人、みる人、ささえる人」を増やす、新たな分野からの挑戦だと期待しています」

KYANOS SC パブリックリレーションズマネージャー 玉利剛一コメント

「キュアノスを立ち上げ後、選手達のトレーニング環境を整えることが最重要課題であると認識していた中で小幡氏をアドバイザーとして迎い入れられたことを大変嬉しく思います。現在、小幡氏とは筑波大学大学院で共にスポーツマネジメントを学ぶ同級生という間柄で、日々実感していたサッカーへの深い知見をチーム強化につなげたいとオファーしました。審判の目線から指導頂くことで選手達は新しい気づきを得られると確信しています」

【プレスリリース】元サッカー国際審判員・小幡真一郎氏 eスポーツサッカーアドバイザー就任のお知らせ | KYANOS SC(キュアノス エスシー)

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません