GMOペパボ株式会社がeスポーツの最前線で活躍する10チームの活動を支援

0 233

GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社は、eスポーツに取り組むチームの活動を支援するべく、2018年12月から支援対象となるチームを募集していた。

この度、多数応募されたチームの中から、2019年度に支援する10チームを決定した。

今後「リーグ・オブ・レジェンド」の日本プロリーグ(『LJL・エルジェーエル』)で活躍する「Sengoku Gaming・センゴク ゲーミング」や「オーバーウォッチ®」のアジア太平洋地域の上位リーグ(『Overwatch Contendersオーバーウォッチ コンテンダーズ』)に出場している「JUPITERジュピター」をはじめとするeスポーツの最前線で活躍する10チームを支援していく。

具体的には、サーバー・ドメインの無償提供や、オリジナルチームウェアの無償制作およびグッズ販売サポートなど、自社サービスを活用してeスポーツチームのファンを増やす活動を支援し、この取り組みにより、日本におけるeスポーツの活性化を目指す。

eスポーツ支援の背景

GMOペパボは「インターネットで可能性をつなげる、ひろげる」というミッションのもと、ホスティング事業、EC支援事業およびハンドメイド事業を展開しており、このミッションを実現するべく教育機関へのレンタルサーバーの無償提供をはじめ、自社サービスを活用した各種取り組みを通じて学生やクリエイター、起業家などの活動・育成の支援に取り組んでいる。

近年、日本でもeスポーツの人気が高まっている一方で、選手やチームの情報発信、グッズ販売、試合観戦のためのストリーミング配信といった、eスポーツを支えるファンを増やす取り組みは十分とは言えない状況である。

そこでGMOペパボは、eスポーツの活性化に必要なファンを増やすための取り組みを、自社サービスの提供を通じて行うべく、2018年12月から、支援するeスポーツチームの公募を開始した。

今後、eスポーツチームの活動支援を通じて、日本国内でのeスポーツ人気のさらなる高まりに寄与することを目指すとともに、活動支援に留まらず様々な活動も支援チームと協議のうえ、取り組む予定である。

また、GMOペパボでは、eスポーツ大会や団体など、eスポーツ業界全体を盛り上げる支援も検討していく。

スポーツチームへの主な支援内容

GMOペパボでは、各チームのニーズに合わせて以下の自社サービスを無償提供する。

主な支援内容

・サーバーやホームページ作成サービスの無償提供
レンタルサーバー「ロリポップ!」や「ヘテムル」、ホームページ作成サービス「グーペ」などを無償提供する。
・ドメインの無償提供
ドメイン取得サービス「ムームードメイン」にてドメインを無償提供する。
・ネットショップ作成サービスの無償提供
ネットショップ開業・作成サービス「カラーミーショップ」を無償提供する。
・チームウェアなどグッズの無償提供およびグッズ販売支援
オリジナルグッズ作成・販売サービス「SUZURI」にて作成したチームウェアなどを無償提供する。
また、ファン向けの公式グッズ販売などを支援する。
※定期的(1年を目安)にチームの運営状況などを鑑み支援内容を見直す。

eスポーツの最前線で活躍する10チームの活動支援を決定!~日本におけるeスポーツの活性化を支援~

関連記事

コメント

メールアドレスは公開されません