西尾隆矢の出身中学や高校は?セレッソ大阪U18からトップ昇格!

サッカー
【当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています】

西尾隆矢(にしお りゅうや)選手は、セレッソ大阪に所属するサッカー選手です。

2024年夏に開催されるパリオリンピックのサッカー日本代表に選出されています。

 

今回の記事では、そんな西尾隆矢選手の学生時代を調査。

中学や高校、セレッソ大阪ユース時代についてご紹介します。

 

さらに、西尾隆矢選手の身長や年齢などプロフィールについても調査していきます。

△この記事でわかること△
■西尾隆矢の出身中学は?
■西尾隆矢の高校はどこ?
■西尾隆矢はセレッソ大阪U18からトップ昇格!
■西尾隆矢のプロフィール
西尾隆矢の結婚相手(嫁)との馴れ初めを調査!子供は何人で性別は?
西尾隆矢(にしお りゅうや)選手は、サッカーJリーグのセレッソ大阪で、副キャプテンを務めています。 またU-23の日本代表選手に選ばれた経験もあり、2024年のパリオリンピックにも出場が決まっています。 今回の記事では、そんな西尾隆矢選手の...

西尾隆矢の出身中学は?

西尾隆矢選手は、大阪府八尾市(やおし)出身。

そして、出身中学は地元・八尾市にある八尾市立高安中学校です。

現在は高安小学校と統合され、八尾市で唯一の施設一体型小中学校、八尾市立高安小中学校となっています。

 

また、西尾隆矢選手の生年月日は、2001年5月16日。

ですから、この中学校には、2014年4月に入学し、2017年3月に卒業したことになりますね。

【八尾市立高安中学校】
所在地 〒581-0862 大阪府八尾市千塚2丁目25-25
公式ホームページ
※新しくできた八尾市立高安小中学校
八尾市立高安中学校は閉校
https://www.city.yao.osaka.jp/0000033404.html

小6まではサッカーと野球の二刀流

西尾隆矢選手は、小学生の間は、サッカーチーム「FCグラシオン」と、学校の野球チームの両方に通っていました。

FCグラシオンに入ったのは、小学校1年生の時。

先にお兄さんが通っていて、コーチに声を掛けられて、練習に混ぜてもらったことがきっかけです。

 

兄・隆世さんは、2024年現在、FCグラシオンでコーチをされています!

 

西尾隆矢選手の親は「野球選手になって欲しい」という思いもあったようですが、小学6年生の時にセレッソ大阪のスカウトマンから練習会に誘われて状況が変わります。

 

セレッソ大阪の練習会では、FCグラシオンとのレベル違いに驚いたといいます。

しかし「強いチームでやれるチャンスがあるならやってみよう」と思い、野球を辞めて、サッカーに専念すると決意!

 

このエピソードを聞く限り、西尾隆矢選手はスカウトされて初めてJリーグのユースチームに興味を持ったようなイメージです。

しかし、多くのサッカー少年は、ユースチームに入ることを目指して、日頃から努力を重ね、スカウトマンには自らアピールするくらいだと思います。

 

それに対し、全く違うタイプの西尾隆矢選手がスカウトの目に留まるということは、当時の西尾隆矢少年には、粗削りながらも光るものがあったのでしょうね。

この時に、西尾隆矢少年を見つけたスカウトマンさん、あっぱれです!

 

ちなみに、初めて練習会に参加したときは、ボールを取りに行くのが遅くて、先輩にブチギレられたそうです(笑)

練習会に参加していた他の少年たちも、きっとガツガツとサッカーに取り組んでいるような「ガチ勢」ばかりだったはず。

 

そんな中でも、落ち込んだり、尻込みするのではなく「こんなレベルの高いところでプレーしたら楽しいだろうな」と前向きにとらえたという西尾隆矢選手。

なかなかのツワモノです!

やはり、当時からアスリート向きの性格だったのかもしれませんね。

 

中学2年で高円宮杯優勝!

中学生になった西尾隆矢選手は、学校の部活ではなく、セレッソ大阪のU-15でプレーしていました。

 

西尾隆矢選手のサッカー人生の分岐点となったのは、中学2年生のとき。

一つ上の中学3年生の先輩たちと同じカテゴリーで練習に参加するようになった時のことです。

 

1学年上の先輩たちは「黄金世代」と呼ばれるほど強かったそうです。

そんな上級生たちの中に、西尾隆矢選手は1学年下にも関わらず「選ばれし者」として参加し、プレーするようになったのです。

当初は、一緒にプレーすることで、技術の差を痛感したといいます。

 

当然、それまでよりも色々な面で環境が変わりました。

練習内容も変わったでしょうし、先輩と一緒にプレーする際には声かけひとつとっても、気を使うことも多いでしょう。

 

しかし、新たな壁にぶつかりながらも、厳しい環境の中で揉まれて成長していきます。

 

そんな中、中学2年生のときに、高円宮杯(たかまどのみやはい)JFA全日本U-15サッカー選手権大会優勝したことは、今でも印象に残っているそうです。

2015年12月28日、決勝で対戦したのは、普段から試合をする機会も多いガンバ大阪ジュニアユース。

大阪勢同士の戦いでした。

どちらのチームも、主力選手のほとんどは中学3年生。

そんな中、2年生だった西尾隆矢選手は、決勝戦で点を取ったのです!

結果は、3-2でセレッソ大阪U-15が勝利し優勝!!!

 

この決勝のダイジェスト動画がありますので、ご紹介します。

 

セレッソ大阪U15(ピンクのユニフォーム)の2点目を入れたのが、当時中学2年生の西尾隆矢選手です(背番号3)↓↓↓

 

この試合での活躍で、より注目されるようになった西尾隆矢選手。

1つ上の年代別代表にも呼ばれるようになりました。

この試合が、西尾隆矢選手にとって大きな分岐点となったのは間違いなさそうですね。

 

中学3年生になると、キャプテンを務め、下の子を引っ張っていく難しさも感じたとも語っています。

 

西尾隆矢の高校はどこ?

西尾隆矢選手の出身高校は、大阪府天王寺にある私立興國(こうこく)高等学校です。

興國高等学校には、2017年4月に入学し、2020年3月に卒業したことになります。

【私立興國高等学校】
所在地 〒543-0045 大阪市天王寺区寺田町1丁目4番26号
公式ホームページ https://www.kokoku.ed.jp/
※2024年7月現在、興国高校の公式ホームページには、西尾隆矢選手のパリオリンピックサッカー日本代表選出がトップニュースに載っています。

興國高等学校には、文武両道を究める「アスリートアドバンスコース(AA)」というコースがあり、西尾隆矢選手もAA出身です。

このコースには、サッカーだけでなく、野球やテニス、ボクシングなど、プロを目指す高校生が在籍しています。

また、主にスポーツ系の学部を中心とした大学入学に向けて、受験のサポートも充実しているようです。

まさに、文武両道を目指すコースというわけです。

 

興国高校なのにサッカー部には入らない?

興國高等学校サッカー部は、部員数が300人を超える強豪校!

サッカー部OBには、プロサッカー選手になった方が20名以上!

日本代表の南野拓実(たくみ)選手や、古橋亨梧(きょうご)選手などもいます。

ですが、西尾隆矢選手は興国高校のサッカー部には入部しませんでした!

 

サッカー強豪校の興国高校に通いつつも、サッカー部には入らず、セレッソ大阪U18でプレーしていました。

 

興国高校へ進学した理由は?

プロサッカー選手になりたい!と希望している人に大人気の興国高校。

そんな高校に入学したにも関わらず、サッカー部に入部しなかったのはなぜ?

サッカー部に入らないのに、興国高校へ進学した理由は?

 

その理由について、西尾隆矢選手がコメントされているインタビュー記事などは、見つけることが出来ませんでした。

しかし、その理由について、私なりに考察してみました!

※筆者個人の意見です!ご了承くださいね!

 

理由①中学時代からセレッソ大阪のユースでサッカーをやっていたから。

中学時代に引き続き、馴染みあるセレッソ大阪のユースでサッカーをしたいと思うのは、自然のことなのかなと考えました。

理由②ハイレベルなチームに身を置いてレベルアップしたかったから。

興国高校のサッカー部も、かなりハイレベルなチームだとは思いますが、それはセレッソ大阪のユースも同じ。
Jリーグのチームであるセレッソ大阪と直結するチームに身を置いて、レベルアップしたかったのでは?

理由③興国高校にはアスリートアドバンスコース(AA)があるから。

先ほどもご紹介したように、将来プロを目指す生徒に対してのサポートが充実しています。

そのような環境なら、学校生活とサッカーを両立できると思ったのでは?

理由③興国高校には、セレッソ大阪U-15出身の選手が多く在籍しているから。

クラスメートの中には、興国高校サッカー部員も多数!

その中には、セレッソのU-15でチームメートだった選手もいたようです。

チームは違っても、同じプロサッカー選手を目指す友人たちと学校生活を過ごすことは、プラスになると考えたのでは?

 

クラスの中でボス的存在!

興國高等学校のアスリートアドバンスコースは、先ほどからご紹介している通り、サッカー以外にも色々な競技のプロを目指している生徒が通っています。

ですから、比較的、やんちゃ(?)な子が多かったというのは、想像できますよね?

そんなクラスの中で、西尾隆矢選手はボス的な存在だったそうです。

 

基本的には、無口だった西尾隆矢選手。

しかし、授業中にクラスがざわざわしている中、西尾隆矢選手が「静かにしろ」と声をかけると、クラス締まるようなリーダーシップを発揮していたそうです。

 

 

西尾隆矢はセレッソ大阪U18からトップ昇格!

西尾隆矢選手は、先ほどご紹介したように、サッカーの強豪校である興國高校に通っていましたが、部活動ではなく、セレッソ大阪U-18でプレーすることを選びました。

そこから、どのような流れで、セレッソ大阪のトップ昇格を勝ち得たのでしょうか。

 

怪我で戦線離脱を経験

実は、セレッソ大阪U-18に入ってすぐ、2017年(高校1年生時)に腰の分離症になってしまい、初めてサッカーができない時期を3~4か月程度経験しています。

この時期の「3~4か月」は、長く感じられたでしょうね。

セレッソ大阪U18のチームメイトだけでなく、高校のクラスメートの仲間は、毎日練習しているというのに、自分はそれが出来ない。

 

サッカーができない期間を過ごしたことで、「自分からサッカーを取ったら何も残らない」と実感。

落ち込んだ時期もあったそうです。

 

しかし、そんな時期を「体を見直す良い機会」と前向きに捉えて、筋トレに励み、体の土台を作っていったそうです。

若いうちは、筋トレなどフィジカルを鍛える地味で辛いトレーニングには、興味を持てないことも多いと思います。

しかし、怪我をしたことで、そのようなトレーニングの価値にも気付き、ストイックに取り組んだことは、その後の選手生活においても、とてもプラスになったのではないでしょうか。

 

同年代には負けない!

怪我から復帰後は、中学時代同様、1年生の時から1学年上の「黄金世代」に混ざってU-18の試合に出場していました。

 

U-18では、年代別日本代表にも選出されて「同年代には負けない」と自分に自信がついた西尾隆矢選手。

高校2年生からは、さらに一世代上のU-23日本代表に呼ばれるようになります!

すごいスピード出世ですよね!

 

そして、高校2年の2018年8月に、U-23チームで初めてJ3の試合に出場!

J3、つまり、プロのチームとの試合に出場したということです!

 

J3の試合出場を経験し、西尾隆矢選手の目標であったプロへの意識はさらに高まっていきました。

当時のU-23の試合では、自チームのディフェンスラインが全員U-18の選手だったこともあったそうです。

西尾隆矢選手だけでなく、まさに「下剋上」状態だったのですね!!!

 

そんな西尾隆矢選手は、自身の実力に過信していた時期もあったそうです。

当時の指導者・村田一弘(むらた かずひろ)さんから、その過信を見透かされて怒られた事があるそうです↓

「同年代だったら誰にでも勝てる」

と過信していた時期に、それを見抜かれて怒られました。

「そこで満足するな! おまえが目指すところはどこなんだ?」

と強く言われて。

引用元:YANMAR 西尾隆矢のengine

厳しい環境に身を置きながらも、良い指導者と仲間に恵まれていたことがわかるエピソードですね。

 

高校3年生でトップ昇格!

2019年(高校3年生のとき)に、遂にセレッソ大阪のトップチームへの昇格を果たします。

実は、高校を卒業した後に大学に進学するか、そのまま高卒ルーキーとしてプロサッカー選手になることを目指すのか、迷った時期があったそうです。

 

確かに、最近は大学を経てからプロになる選手が増えている印象はあります。

アスリートは、いつかは現役引退という決断をする日が来ます。

それが、怪我などにより、予定よりもかなり早まることもあります。

セカンドキャリアを考えて、大学に進学することを選ぶアスリートが増えているのです。

 

まさに、そのことで悩んでいた西尾隆矢選手の背中を押してくれたのは、父親でした。

自分のやりたいようにやればいい。

後悔は絶対にしてはダメ。

サッカー選手に高卒でなっても、やれる自信ないなら、絶対にやめろ。

でも、自信があるなら、やれ。

なったらいい。

西尾隆矢選手のお父さんは、実は教師。

校長先生も務められた教育者です。

そのお父さんが、大学進学を強要することなく、自分のやりたい道を進めと言ってくれたことは、とても嬉しかったのではないでしょうか。

 

こちらのYouTube動画には、今回の記事でご紹介した、西尾隆矢選手の幼少期の頃や、小学校・中学校時代、プロ入りを決断する際のエピソードなどが、たっぷりと語られています。

約16分の動画ですが、西尾隆矢選手のすべてがわかる?ような内容ですので、お時間がある時にぜひ見ていただきたいです!↓↓↓

西尾隆矢のプロフィール

それでは、西尾隆矢選手のプロフィールをご紹介します!

西尾隆矢選手は、2024年7月に開催されるパリオリンピックのサッカー日本代表として出場することが決まっています。

西尾隆矢(にしお りゅうや)
生年月日 2001年5月16日
年齢 2024年の誕生日で23歳
出身地 大阪府八尾市(やおし)
身長 180cm
体重 77kg
結婚 既婚者
(2022年7月に結婚を発表)
家族 奥様(雅さん)
娘がひとり(2024年7月現在)
在籍チーム セレッソ大阪
※2020年2月~
ポジション DF
背番号 33
利き足 右足
趣味・マイブーム ゴルフ
ヴィンテージ巡り
ウイスキー集め
座右の銘・好きな言葉 猪突猛進

 

中学生の時に、セレッソ大阪のユースチームに所属してからは、U-15〜U-19まで全ての年代で日本代表に選ばれるなど、エリート街道まっしぐらの西尾隆矢選手。

さらに、そのままセレッソ大阪でプロサッカー選手になったわけですから、生粋の「セレッソ大阪」人ですね。

 

ポジションはデフェンスで、気迫溢れるが守備が魅力です。

西尾隆矢選手は、2022年7月に結婚を発表されました!

2024年7月現在、1歳半になる娘さんのパパさんでもあります!

詳しくはこちらをどうぞ↓↓↓

西尾隆矢の結婚相手(嫁)との馴れ初めを調査!子供は何人で性別は?
西尾隆矢(にしお りゅうや)選手は、サッカーJリーグのセレッソ大阪で、副キャプテンを務めています。 またU-23の日本代表選手に選ばれた経験もあり、2024年のパリオリンピックにも出場が決まっています。 今回の記事では、そんな西尾隆矢選手の...

まとめ

今回は「西尾隆矢の出身中学や高校は?セレッソ大阪U18からトップ昇格!」というタイトルで西尾隆矢選手についてご紹介しました。

小学生の頃は、野球とサッカーの掛け持ちをしていた西尾隆矢選手。

小学6年生の時に、セレッソ大阪のスカウトマンに練習参加に誘われたことがきっかけで、中学からはサッカーの道一本に絞ります。

西尾隆矢選手はセレッソ大阪U-15からU-18と経験を重ね、高校在学中にトップ昇格を果たしています。

厳しい環境に身を置きながら、着実に力を付けて、今回のパリオリンピックのサッカー日本代表にも選出されています!

西尾隆矢選手の今後の活躍を皆で応援したいですね。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

西尾隆矢の結婚相手(嫁)との馴れ初めを調査!子供は何人で性別は?
西尾隆矢(にしお りゅうや)選手は、サッカーJリーグのセレッソ大阪で、副キャプテンを務めています。 またU-23の日本代表選手に選ばれた経験もあり、2024年のパリオリンピックにも出場が決まっています。 今回の記事では、そんな西尾隆矢選手の...

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました